お気に入り(コミック)

「オッターバン公爵の求愛」橘 花夜

2013033015280000原作:バーバラ・カートランド
ヒストリカル

「ハーモニィ5月号」掲載

借金まみれのイギリス貴族とアメリカの資産家令嬢の話。

貴族の称号が欲しいがために自分と結婚したとヒロインを蔑みながらも気配りする、心優しいヒーローです。
おまけに軍人あがりのためか行動力もあります。
ヒロインの本質を知ってからはヒロインに惹かれながらも、約束を守り、怖がらせないように接します。
誠実で素敵なヒーローですshine

ヒロインはアメリカ人ながらも超がつく箱入り娘です。
母親の管理下におかれ何もさせてもらえなかったので、自分の好きなように行動させてくれるヒーローに少しずつ惹かれていきます。
内気で可愛らしいヒロインなので橘花夜さんの絵にとても合っていましたchick

・・・コミックの感想を書くのは久しぶりです。
単行本でなかなか好きなものにめぐり合えず、雑誌の方ではチラホラあったのですが、そのうち単行本になった時に書こうかな~と思っていたら、これだけ間が開いてしまいましたsweat02
で、いつ単行本になるかわからないし・・・「いつ書くの?」「今でしょう!」ということで(笑)coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「終わらない恋」伊藤 悶

2012111312010000 原作:ルーシー・ゴードン
(リヌッチ家の息子たち Ⅳ)

新進気鋭のイタリア人考古学者とイギリスのTVプロデューサーの話。


ヒーローはイタリアの名門リヌッチ家の出自。
学者ですがお金の使い方などにその片鱗が見えます。
でも性格がいい。
誠実で・・・勇気のあるとっても素敵なヒーローでしたshine


ヒロインは美人で結果を大事にするキャリアウーマン。
ヒーローより年上の37歳で19歳の子持ちですsweat01
そして秘密を持っています。
それゆえに身を引くという選択をする、大人の女性です。


お互いに一目惚れの2人ですが、自分の運命にヒーローを巻き込みたくないと拒むヒロインと、拒まれる理由がわからず悩むヒーロー。
2人の愛が切なすぎますweep
あとがきで伊藤悶さんが原作より希望がもてる方向で描いたとあるので、原作は読んだら号泣かも・・・sweat02
普通のハーレクインだと都合よく100%ハッピーエンドになれるのですが、あえてそうしなかったことで2人の愛の強さを引き立たせてます。
・・・いえいえ、2人にとっては最高のハッピーエンドなんですよね、きっとshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「スペイン古城の一夜」桜屋響

2012100813130000 原作:バーバラ・カートランド
ヒストリカル

「ハーモニィ9月号」掲載

スペインの伯爵と姉に頼まれて姪の家庭教師に扮したイギリスの貴族令嬢の話。


亡妻のせいで女性に偏見を持っているヒーロー。
ヒロインの姉をプロポーズするつもりでスペインに招きますが、ヒロインを見たとたんにヒロインに釘付けhappy02
真面目で可愛いヒロインに惹かれていきます。
パッと見はサラリーマンのような外見のヒーローですが・・・素敵ですshine
特にヒロイン達を救いに来た時がheart(←ネタバレごめんなさいm(_ _)m)


両親亡きあと田舎で家を守っているヒロイン。
最初は冷たい印象を持ったヒーローに徐々に惹かれていきます。
でも相手は姉が結婚しようとしている相手・・・sweat02
目立たないけど美人で聡明な女性ですshine


桜屋響さんの絵が作品によく合っていたと思います。
ヒロインが目を上げるシーンとかも印象的に描かれてました。
また姪のお目々うるうるの泣き顔がすご~く可愛いんだなcoldsweats01


妹を家庭教師にしたてるという設定が、同じくバーバラ・カートランドが書いた「公爵と3人の花嫁」に似ています。
「公爵と3人の花嫁」では妹は母親のコンパニオン役ですが・・・。
いずれも姉が美しい妹が自分より目立つことがないようにしています。
私は自分が長女のせいか、姉が悪役(というほどのものではないけど)ではなく、ヒロインになるものも読みたいなぁ~sweat01
もっとも両作品とも、姉の性格がすご~く悪いというわけじゃなく、とこか憎めない性格には書かれているんですけどねcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「甘美な愛人契約」百瀬なつ

2012100813140000 原作:リン・グレアム
<3人の無垢な花嫁Ⅱ>

「ハーレクイン20号」掲載

ロシア人の大富豪と兄と便利屋を営む未亡人の話。


3人の美人秘書をはべらせているヒーロー。
チャリティパーティーでモデルをしていたヒロインに一目惚れして、押してくるくるcoldsweats01
堂々とお金にものを言わせてヒロインをものにしようとしていますsweat02
でもちょっとスマートすぎるかなぁ・・・。
もう少し人間くさいところも見たかった気がします。
もっとヤキモチ焼いてくれぃcatface



結婚式の当日に婚約者を亡くしたヒロイン。
亡夫を忘れられず、女遊びの激しいヒーローを軽蔑していましたが いつの間にか彼のペースに乗せられていますhappy02
趣味のドールハウスで遊ぶ姿が可愛かったchick

義姉のキャロライン・・・ヒロインのことを本当に思っていたのなら もっと早く教えてあげるべきだと思うけど・・・sweat02
隠すことは優しさじゃないよね。
 


これはシリーズもので第1話目を麻生歩さんが描かれたようです。
私・・・麻生歩さんの絵はちょっと苦手なので読んでいませんが・・・sweat01
(だってヒロインがどの作品でも同じ髪型&はと胸で好きじゃないんだもんsign01
ちなみに1話目は原作も未読ですcoldsweats01
今作品は2話目で既読してます。
原作ではヒーローの3人の秘書がもっと愛人愛人してた気がしますが、話自体はたいして感動しなかったのか印象が薄いですsweat02
なのでヒロインがドールハウスで遊ぶシーンとかサッパリ覚えてませんでしたgawk
漫画を読んでから原作を読んだ方がもっと登場人物が魅力的に思えてよかったかも。
3話目は高倉知子さんが描かれるようです。
3話目も原作は既読だけど・・・全く印象がありません。
過去のブログに感想を書いてましたが、うん・・・私的にはあまり面白くなかったみたい。
でも漫画化されると今作品のように印象が変わったりしますから・・・どうでしょうcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「まやかしの社交界」小倉つくし

2012042416410000 原作:ヘレン・ビアンチン

「ハーレクイン・ダーリン10月号」掲載

お互いの会社のために政略結婚した夫婦の話。


ヒロインの立場を尊重し、見守るヒーロー。
気持ちを口にしないため、ヒロインに信頼されないのが可哀想といえば可哀想ですcoldsweats01
態度では結構現しているんですけどね~sweat01


自身も会社代表で聡明なヒロイン。
弱点は政略結婚したヒーローを愛していること。
そして自分は愛されていると思えないこと。
ヒーローに横恋慕する女優に毅然とした態度で臨んでいますが内心はボロボロ・・・sweat02
なんかその辺が人間臭くて好きですnotes


「ハーレクイン・ダーリン」に描かれる漫画家さんは独特の絵を描かれる方が多い気がします。
小倉つくしさんも結構個性的な絵です。
好き嫌いがあるかもしれません。
私はOKでしたが・・・。
ただ礼装時の男性の首が短く見えるのがちょっと残念でしたcoldsweats01
漫画を読んでいて原作を既読していることを思い出したので、ほぼ原作通りだと思います。
原作のイメージで描けているのはすばらしいのではないでしょうか・・・shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「乙嫁語り 4」 森薫

2012061007040000 今回はスミスさんが旅の途中で出会った双子姉妹ライラとレイリのお婿さん探しの話です。
少しでもいいところに嫁に行こうと頑張る双子。
いろいろ策をめぐらせますが・・・coldsweats01


前回とは変わって楽しい話でした。
元気いっぱいな双子が可愛いcherry
感情のままに生きてます。
そんな2人のお相手は・・・。
お家の事情(?)もあり・・・。
でも、いい相手だったと思います。
これから愛を育んでいくんですねsweat01


伏線でアミルの実家の方で不穏な動きが続いてますsweat02
アミルのお兄さん、私、好みなんですけど・・・前にも書きましたっけ?


番外編の「馬市場」の話が好きですheart01
息子に馬を買った帰り道、息子に自分より馬の方が大事かと聞かれ、息子の方が大事だと答える父親。
でもその後、愛馬にしっかり言い訳してますsweat01
息子との会話に耳をそば立てる馬の姿や父親を恨めしげに見る馬の目に笑えましたhappy01
馬と目と目で会話かぁ~・・・いいなぁhappy02heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「悪党紳士のマイ・フェア・レディ」夏目藍子

2012022515010000 原作:ダイアナ・パーマー
ヒストリカル

「ハーモニィ10月号」掲載

田舎から出てきて雪の中で行き倒れになった娘と彼女を助けた男性の話。



過去に人に裏切られ、若干人間不信なヒーロー。
タイトルでは悪党と謳われていますがそんな悪党じゃないですcoldsweats01
辛辣なことは言うもののヒロインを淑女にするために面倒を見てくれるし。
自分のことよりも他人のことを思う、根は真面目なとってもいい人です。
たまに見せる切ない表情に私はきゅんきゅんheart02



ひょんなことからヒーロー宅に世話になることになったヒロイン。
ダンスパーティーに連れて行ってもらうためにヒーローから淑女になるレッスンを受けます。
真っ直ぐで働き者で純真。
ですが、ちょっと手は早いですsweat01
そして感情が高ぶるとすぐ涙目に・・・。
こちらもなかなか可愛いですshine



ヒストリカルなのに身分違いの問題が起こらないと思ったら舞台はアメリカでした。
ずっとイギリスだと思っていたのですが”ダラスの叔父さん”という文言が出てくるからたぶん・・・sweat02



夏目藍子さんの切れ長ヒーローと超ロングヘアヒロイン・・・大好きですhappy02
そしていつも思うのですがヒーローもヒロインもおでこが美しいshine
私はおでこを見せても美しい人が本当の美人だと思っているので、美人設定ならやっぱりおでこを見せてほしいsign03
外国人ならなおさら前髪をおろしている方が少ないはずsign03
でも描く側からするといろいろと難しいのか前髪を下ろしているヒロインの方が多いですねsweat02
まぁ、そんなものにこだわるのは私くらいでしょうけどcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「舞い戻ったプリンス」宮花みん

2012081512320002 原作:オリヴィア・ゲイツ

「ハーレクイン・オリジナル8月号」掲載

7年前に祖国を国外追放されたプリンスと王から彼を呼び戻すように依頼された国際コンサルタントの話。
ヒーローが追放されるまで2人はつき合ってました。


7年前に自分を陥れたのがヒロインだと思っているので、なかなか自分の本当の気持ちに気づけない(気づきたくない?)ヒーローです。
しかしプリンスとしてはなかなか立派crown
国の現状を冷静に判断し、真面目に対処しています。
その冷静な判断力がヒロインの方にも向けられてればねぇcoldsweats01
でも自分の気持ちに気づいてからの行動はとても素敵でまさにヒーローでしたheart02


ヒーローに一方的に捨てられたものの、未だにヒーローのことを思い続けているヒロイン。
ヒーローに信用されず、身分も違うため、自分の気持ちを誰にも言わずに秘めている姿が切ないです。
大人しい性格だと思っていたのでライバルに辛辣な言葉を返した時はちょっと驚きましたが、国際コンサルタントですものね、たまには自分の意見くらいはっきり言うかcoldsweats01


ヒロインの髪型にびっくりしましたよ、宮花みんさんsign02sweat01
可愛いけど・・・大人の女性はあの髪型はしないと思いますsweat02
モデルとかならまだアリかもしれないけど、職業国際コンサルタント・・・gawk
でも最後まであの髪型で通しちゃったというか、あの髪型以外で登場させませんでしたね。
ヒロインのあの髪型に何かこだわりがあったのでしょうか???
原作がそうだということは無いと思うのですが・・・coldsweats01


この作品、<さまよえる王冠>という3話あるミニシリーズの1話目だそうです。
2話、3話も宮花みんさんが描かれるようなのでよかったですshine
シリーズものはできれば同じ漫画家さんに描いてもらいたいので・・・。
ところで私は褐色の肌に金髪のクラリッサ王女に魅力を感じたのですが、彼女がヒロインになる話はないんでしょうかね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「復讐のための結婚」福原ヒロ子

2012071117100001 原作:ミランダ・リー

シドニーの不動産会社経営者とタイで孤児院の運営を手伝っている令嬢の話。



復讐相手の娘であるヒロインに一目惚れしてしまい、復讐のためだと言い訳しつつヒロインに近づくヒーロー。
いや、あなた最初からヒロイン・・・っていうか、ヒロインの体にぞっこんですから・・・coldsweats01
(最初に見たのがヒロインのシャワー姿なんですsweat02
あれだけヒロインに夢中で自分の気持ちに気づかないなんて・・・sweat01
自分で自分の首を絞めてるヒーローです(苦笑)



美人なのに元婚約者につまらない女と言われ、すっかり自信をなくしたヒロイン。
こちらもヒーローにほぼ一目惚れで、積極的なヒーローを拒むことができません。
ヒーローに惹かれつつも冷静な一面も持ち、そしてちゃんと本当の愛を見極められる素敵なヒロインですshine
(こちらの方がヒーローっぽいですcoldsweats01



こういう話ってヒーローの復讐がバレてからが山だと思うのですが、そこはやけに簡単に片付いてます。
原作がそうなのでしょうか?
もう少しヒーローを苦悩させ、ヒロインの葛藤を描いた方がハッピーエンドに向けて盛り上がった気がするのは私だけ?sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「アラビアンナイトの夢」佐柄きょうこ

2012071017080000 原作:アビー・グリーン

砂漠の国の国王とペルシャ湾岸の小国の王女の話。



自分の経験から愛のない結婚を望むヒーロー。
そのため自分が絶対に恋に落ちそうもないさえない容姿のヒロインと政略結婚をします。
ところが・・・ムフフ・・・可愛いなぁ、ヒーロー(≧m≦)
ヒロインの魅力に屈しないように必死じゃないですかhappy02sweat01
私は佐柄さんの描くちょっと無愛想顔のヒーローの頬を染めた顔が好きなので、その顔が見れただけでヒーローの評価は高くなりますsign01←おいっcoldsweats01
傲慢そうで実は結構心の優しいヒーローですheart02



王女に生まれながら全く自分に自信が無く、地味に暮らしていたヒロイン。
自分には恋愛結婚なんて望むべくもないとヒーローと政略結婚をします。
ヒーローにもっと自分に自信を持つように言われ、一所懸命努力する・・・健気で守ってあげたくなるような可愛らしいヒロインです。
王妃というより幼な妻って雰囲気chick
正直で、育ちのせいか王女のわりにはちょっと泣き虫かも・・・coldsweats01



ヒーロー、ヒロイン共に納得の政略結婚ですが、それゆえに相手に惹かれる気持ちに戸惑う2人です。
珍しくヒロインは西洋人ではないのですが、イギリス人とのハーフということで西洋の血を継いでいるところがやっぱりハーレクイン。
そうしないと金髪にならないしねsweat01
ヒーローがシークの場合、ヒロインが金髪っていうのはハーレクインの定番になりつつありますねcoldsweats01



それにしても佐柄さんの描くベッドシーンは綺麗だな・・・shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧